鳥取県琴浦町で整体「治す」から「治る」身体へ

クルマの中で話したこと

2019/06/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

整体が好きな理由が話している内にまとまってきた

 

ぼくには子どもが二人います。

上の子が男の子。中学三年生です。下の子は小学五年生です。

 

二人ともすくすく育ってくれまして、たいへんありがたいことです。

 

中学三年生と小学五年生って自分たちの世界観もボチボチできつつあり、なおかつまだ親の庇護がひつような時期なのかな?と思います。

 

整体では16歳になると大人と考えます。それは腎臓の形成が一段落するというのが16歳だから、です。

 

さて、昨日は中学三年生の長男を送迎する都合がありましたので、クルマの中で長男といろんな話をしました。

 

話と言ってもほとんどぼくが話していたのですが・・・

 

なんでそんな話になったのか?今になって思い出しますと、テスト勉強とか高校の進路の話をしていたところから脱線していったのです。

 

高校の進路を決めるときに自分がやりたい分野や興味のある分野に進んだらいいよ、って思いますけど、正直自分が中学三年生の頃に決めることができたのか?って考えました。

 

ぼくらが受験生の頃って高校に今ほどの特色ってあまりなかったじゃないかな?って思います。

とくに公立学校。

 

今でこそ、高校もそれぞれに個性を打ち出しなさい、的なことになっていますが、当時はそんなことなかったと思いますし、今でさえ、中学三年生が自分で進路を決めることは難しいのではないか?って思います。

 

そうなるとどうなるか?ぼくらもそうでしたが、自分の行ける学校を探しだすんじゃないでしょうか。

 

それは学費の部分かもしれないし、通学距離の部分かもしれません。

しかし、一番多いのは今現在の偏差値で決めてしまうのではないかな?って思います。

 

今現在の自分の偏差値でこれからの自分の未来を選択してしまうのはもったいないな、って思います。

 

長男はそういったぼくの話を何度も何度も聞いているので、耳にタコかもしれませんが、親父はまた性懲りもなく同じ話をするのでした。

 

そして、昨日はなぜぼくが今、整体の仕事をしているのか?につながってきました。

 

ぼくが好きなことを見つめつづけて、形を変えてきた結果が今の自分である、ということを話したように思います。

 

サッカーをしていて、体育大学で運動のこと、サッカーの専門性、身体のことを学び、教育機関で講師として働き、サッカーの指導もして。そこから理学療法士として働き、鳥取県に移住し、そのまま行くのかな?と思ったら、整体を始める。

 

これって自分でもフワッとしていた部分もあったのですが、やはり誰かに話すとそれなりにまとまってくるものですね。

 

しかし、長男にとって、ためになったのか?

家族なので辛抱してほしい。父も一応がんばっているんだよ・・・。

 

 

さて、

ぼくは人間とヒトというものをずっと考えてきました。

人間の可能性は信じていますし、万能である、と思っています。

 

人間を観ていくときに必ずヒトとしての部分を無視していくわけにはいかない。

この部分の整理がうまくいかなかった。

 

人間、個人というものは尊いし、侵されるものではないと思っています。

しかし、人間の行動や心理、そこに纏わるものをひも解こうと思うと人間を個人個人で考えると無限過ぎて限界がある。

 

人間はヒトである、という生物学的な部分、機械論的な部分を無視すると無理でした。

 

人間は、人間とかわたしとかこころとか、っていった部分が大好きです。

しかし、そこに目を向けてしまうと迷子になる。

結局、好き嫌いの問題になってしまう。

好きだし、嫌いだし、っていって終わらせていたら何にも見えなくなってしまう。

 

医学って機械論的な部分が強いです。

たとえば○○っていう病気の原因は○○っていうウイルスで、このウイルスは増殖したら、身体のこの部分を傷つける、そのために○○という症状が現れる。

なので、○○という方法を使えば、このウイルスの増殖を抑えることができます、みたいな。

 

そこに個人の感情や特異性や嗜好が口をはさむ余地はありません。

ちょっと冷たい感じもしますけど。

 

クルマもガソリンが入ってないと走らないように、ヒトもひつようないくつかの要素が足りないと、適切な行動や考察ができないのです。

 

 

だから美味しいご飯を食べるんですよね。

好きな人たちと会話を楽しみながら、美味しいご飯を食べるんですよね。

 

 

ぼくは人間が好きだから、冷たいイメージのする機械論的ヒトに目をそむけようとしていたのかもしれないんだけど、でも結局ヒトを通して人間を観ていきたいから、今は整体をしているんだよ。

 

ヒトを機械的に観ることは人間のためにかならずなる。

だって重心の偏りをうまく調整したら腰が痛くて痛くてしかたがない人間が楽になって、喜ぶんだ。

 

人間として声をかけて「痛いですよね、かわいそうですね、わたしも腰を痛めたことがあるから今のあなたの気持ちもわかりますよ」って言うこともいいけど、今のその人間を楽にしてあげる方法は機械論からも別の方法が導き出せる。

 

ヒトがどのように発生して、発達していくことを学んだりすることがおもしろいな、って思ったのもヒトを通して人間を観たかったからなんだよな~。

 

って話しました。

 

 

長男にとってはどうだったかわからないですけど、ぼくにとってはたいせつな時間でした。

ただ聞いてくれてありがとう。

 

そんな送迎の時間でした。

 

 

note

 

noteにも寄稿しています。

よろしければ、こちらも読んでください。

 

アメブロ

 

こちらはアメブロです

こちらもよろしくお願いいたします

 

 

5月の予定

 

5月の予定です。

 

出張などで留守にしている場合もございます。

あらかじめ、ご確認いただきますと幸いです。

 

 

6月の予定

 

6月の予定です。

 

 

出張などで留守にしている場合もございます。

あらかじめ、ご確認いただきますと幸いです。

 

お申し込み

 

愛光流からだと心整体では一般的に考えられている整体という身体的な側面だけでなく多方面から多角的に会員さまをサポートするよう心がけています。

本来ならば整体操法と言うものは超がつくほど個人的なものです。

ひとりの人間を観てみても健康の問題だけでその人間ができているわけではありません。それゆえに多方面から観ていくひつようがあるのです。

各種サービスはそれぞれ独自のものではありますが、決して別々の、各々ぶつ切りのようなものではございません。

 

各種ご予約、お問い合わせです。

整体操法個人指導専用 お申し込みフォーム

四柱推命鑑定専用 お申し込みフォーム

風水鑑定専用 お申込みフォーム

 

お問い合わせ

 

各種お問い合わせフォーム

 

 

下記に手順や料金を掲載していますので、ご確認お願い致します。

整体個人指導 手順・料金

出張整体個人指導 手順・料金

アイロン療法 手順・料金

四柱推命鑑定 手順・料金

風水鑑定 手順・料金

メニュー、料金表

ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

 

5月のからだと心のバランス講座のお知らせ

 

からだと心のバランス講座の日程です。

日時:5月25日(土) 16時~

場所:琴浦指導室

費用:1000円

事前登録、予約をお願いいたします。

件名に講座参加希望とお願いいたします。

 

6月のからだと心のバランス講座のお知らせ

 

からだと心のバランス講座の日程です。

日時:6月22日(土) 16時~

場所:琴浦指導室

費用:1000円

事前登録、予約をお願いいたします。

件名に講座参加希望とお願いいたします。

 

 

駐車可能。

わからないことやご不明な点がございましたら0858-49-8019 までご連絡いただき、おたずねください。

下記からでも可能です。

お問合わせはこちらからお願い申し上げます。

アットホームでざっくばらんな会にしたいと思いますので、お気軽にお出かけください。

 

 

謝辞

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 愛光流からだと心整体 , 2019 All Rights Reserved.

Translate »