鳥取県琴浦町で整体「治す」から「治る」身体へ

無邪気になる方法

2020/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

無邪気になる方法

 

最近のトピックス

 

新型コロナの影響はまだまだ収束しそうにもありません。プロ野球の選手が感染しただの、サッカー選手が感染しただの。

開幕することが決まったプロスポーツですが、ほんとうに大丈夫なのかな?って思ってしまいますね。

 

 

さて、最近アメリカからこういった報道が連日なされています。

アメリカ全土各地で警察の暴力と人種差別に対する抗議活動。

暴徒化しているらしいという報道もされています。

それに対してトランプ大統領が軍を派遣するとか、しないとか。

 

物騒になってきましたね。

このブログをお読みのみなさん、家の戸締りやセキュリティー関係はしっかりしておきましょう!

玄関の出入り口付近にカギを保管しないこと。

暑くて窓を開ける機会も増えるかと思いますけど、かならず閉めること。閉め忘れることがないように、絶対。

 

こういった物騒なニュースが報道されると、かならず世の中自体が物騒になります。

ブログ読者のみなさん、巻き込まれないようにしましょうね!

 

いつのころから、無邪気でいることができなくなったんでしょうか?

 

それにしても、日本のニュースはアメリカの話題か、コロナの話題。

 

その二本立てですよ、ほとんど。

不安と恐怖だけしかあおっていない。

 

これでは、世界は真っ暗だ!って思っても仕方がない。

 

世界はお先真っ暗なのに、自分たちだけは大丈夫だ!

そう思い込んで日々日々毎日を暮らしていく。お仕事をしていく。

 

世界は真っ暗なのに、その暗い中を進むことはどれだけ不安なことなのか?

 

鳥取県がとか、日本だけがとか、自分たちだけがとか、が大丈夫なわけがありません。

いまは、そうやって分断され、協調や共生ということを失おうとしています。

 

 

ほんとうなら、ぼくたちだってこの子どものように、無邪気にとけこむことができるんです。

 

 

 

いつのころから、こんなに無邪気でいることができなくなったんでしょうか?

 

親の教育が?学校の教育が?社会が?

 

なんでもいい。いまからでも取り戻せるはず。

 

邪気の説明

 

子供みたいに無邪気になる、これを文字面から考えると、読んで字のごとく邪気が無い状態です。

邪気をなくせばいい。

 

では、邪気ってなんなの?っていうお話からしないといけません。

 

邪気というのは邪な気と書きます。あまり好ましいものではなさそうですね。

 

邪気と反対のものはというと正氣といいます。

邪気⇔正氣ですね。

 

これを「へぇ~、邪気というものと正氣というもの、ふたつがあるんだなぁ」って思った人、まちがいです。

分断主義に毒されています。でも、そういった無意識的な思考にまで及んでいるんですね。これは反射的にそう思ってしまうのですから、意図的に改善しないといけない部分でもあります。

AとBのふたつのものがあり、それは別々のもので、相反するものである、と。

瞬間的に、相反するもの、相対するものをつくってしまう。

 

こういった思考が、男と女とか、白人と黒人とか、自分たちとそれ以外とか、損か得かとか。

いろいろな対立主義、分断主義として現れてきているのですね。

 

 

さて、氣の説明のつづきを。

これは、氣というものがあって、それがきちんと動いている、廻っている、巡っていることを正氣といいます。

反対に、どこかで氣が滞った、止まった、動かない、じっとしていることを邪気といいます。

 

邪気には動きがありませんから、濁って、澱んでくるんですね。

だから、氣というものは動いているほうがいい。澄んだ水はいつも流れています。清流といいますもんね。清いものは流れているのです。

 

氣というたったひとつのものが邪気という形を表したり、正氣という形を表したりしているだけなのです。

 

無邪気になる方法

 

邪気も本来であれば、氣そのものですから、邪気にいいも悪いもないというのが結論なのですが、われわれ大人はさっきのツイッターの子どもたちみたいに無邪気になることがなかなかできません。

それは邪気がたまっているから?

そんなことはないでしょうが、邪気というものは日々日々蓄積されていきます。

 

古い書物からの引用では

邪気とは・・・・・・臥寝中に肺胞を始め、體内に澤山たまつてゐる邪気を先づ呼出して了はねば、・・・・

とあります。

これをみると、寝ているうちにも邪気は身体内にたまっていっているのだ、と。

そして、その邪気をまず吐き出してしまわないといけないとあります。

 

その方法も古い書物には記載があって、

邪気を吐くには鼻から吸つて口から吐くのが法則

だそうです。

 

このときにみぞおちが硬くならないように行わなければなりません。

みぞおちから少し下のあたり。そこを軽く押さえながら、息を吐いて身体を倒していきます。

そしてゆっくりと吸いながら戻ってくる。

 

これだけのことを繰り返すのです。

 

愛光流では邪気吐出法という正式な方法を指導しています。

 

とにもかくにも邪気を動かすことで正氣となる。

正氣が動けば、濁ったり、澱んだりもしないものです。

 

無邪気になるという方法は、ある意味で言うと社会に流れに反する方法なのかもしれません。

いま世界的にとてもとても不安定です。

これから世界はどうなっていくのか?

健康は?経済は?治安は?

無邪気になる方法。邪気吐出法をすることです。

不安や恐怖にどっぷりと浸かったいまの社会から脱却する方法だと思います。

 

 

 

お知らせ

 

琴浦町指導室入り口に手指などを消毒できるようにしています。

なにぶんこういったご時世ですので、殺菌消毒にご協力をお願い申し上げます。

愛光流からだと心整体では手など皮膚に害のないタイプの次亜塩素酸水を使用しています。安心してご活用ください。

 

なお、こちらの商品は販売も行っています。お求めくださいませ。

 

今月の予定

 

6月のスケジュールです。

 

 

詳細はこちらから

スケジュールは変更することがありますので、ご了承ください。

 

6月のからだと心のバランス講座のお知らせ

 

からだと心のバランス講座の日程です。

日時:6月27日(土) 16時~17時30分

場所:琴浦指導室

費用:1000円+消費税

事前登録、予約をお願いいたします。

件名に講座参加希望とお願いいたします。

→講座でこんな話がききたい!っていうのがありましたら、そちらも合わせてご記入ください。

zoomでの開催も検討中。オンライン開催なら参加可能という方もお知らせください。

 

新型コロナウイルスへの政府の対応などにより講座を中止させていただくことも考えられます。

事前にご連絡くださいますようお願いします。

 

駐車可能。

わからないことやご不明な点がございましたら0858-49-8019 までご連絡いただき、おたずねください。

下記からでも可能です。

お問合わせはこちらからお願い申し上げます。

 

お申し込み

 

愛光流からだと心整体では一般的に考えられている整体という身体的な側面だけでなく多方面から多角的に会員さまをサポートするよう心がけています。

本来ならば整体操法と言うものは超がつくほど個人的なものです。

ひとりの人間を観てみても健康の問題だけでその人間ができているわけではありません。それゆえに多方面から観ていくひつようがあるのです。

各種サービスはそれぞれ独自のものではありますが、決して別々の、各々ぶつ切りのようなものではございません。

 

各種ご予約、お問い合わせです。

整体操法個人指導専用 お申し込みフォーム

四柱推命鑑定専用 お申し込みフォーム

風水鑑定専用 お申込みフォーム

 

年間サポート契約に興味をお持ちの方は、

お電話か、下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

お問い合わせ

 

各種お問い合わせフォーム

 

手順や料金を掲載していますので、ご確認お願い致します。

整体個人指導 手順・料金

出張整体個人指導 手順・料金

アイロン療法 手順・料金

四柱推命鑑定 手順・料金

風水鑑定 手順・料金

メニュー、料金表

ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

 

謝辞

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 愛光流からだと心整体 , 2020 All Rights Reserved.

Translate »